カットは最小限でOKのコールドプレスジューサー【NEWクビンス・JSG-121】-コールドプレスジューサー|おすすめベスト3はコレですよ♪

カットは最小限でOKのコールドプレスジューサー【NEWクビンス・JSG-121】

【NEWクビンス・JSG-121】のコールドプレスジューサーは、【ヒューロム・H2H】コールドプレスジューサーに比べて少し大きめですが、その分カットは最小限でOKなんです。

ご覧のように受け口の直径は7.3cmもあるので、人気のニンジンジュースだって丸ごとOK。

キャベツも8分の1のカット。

コールドプレスジュースのキャベツって、結構おすすめです。

ミディアムトマトはカットしなくても大丈夫。

キウイだって皮ごと丸ごと、ブドウも丸ごと、みかんも丸ごとOKなんです。

素材をカットする手間が面倒って言う人は、意外と多いんです。

朝、コールドプレスジュースを作る方が多いので、そのひと手間が必要ないっていうのが助かるんですね。

小松菜はこんな感じでカットしなくても入るんです。

パイナップルは縦4分の1にカットするだけ。

もちろん、コールドプレスジューサーはしっかり搾ってくれるので、芯をカットする必要はありませんよ。


だから、【NEWクビンス・JSG-121】サイレントジューサーはこんな人におすすめ。

■果物や野菜を小さく切るのがメンドくさい!

■朝はアレコレやることが多いので少しでも時間短縮したい!

■……でも、健康は手にしたいわ!


そのまま食べるより、コールドプレスジュースにして飲むと、栄養の吸収率は約3.8倍とされています。

消化吸収率だけじゃあ、ありませんよ。

消化吸収時間も雲泥の差。

果物をそのまま食べた場合、消化吸収率は約17%で時間はだいたい3~5時間。

コールドプレスジュースにした場合は、消化吸収率は約65%で時間はわずか10分から15分になるんですよ。


スロージューサーは、文字通り栄養素が酸化しずらい “低速回転” 。

そして、特殊なモーターによる “高い搾汁率” 1を誇っています。

だから、フィットケミカル、酵素、ビタミン、ミネラルが丸ごと摂れるというわけ。

グ~ン、グ~ンととかくうるさい高速回転のジューサーを使ったら、酸素がたくさんジュースに混入します。

また、高速回転ジューサーはカッターの刃が砕くので、摩擦熱も生まれます。

だから、高速回転ジューサーを使うと、搾りたてっていうわけにいかず、すでに酸化してしまったものを飲んでるていうことになるんです。


低速ジューサーだと、搾った後に泡がほとんど出ません。

しかも、空気もそんなに入ってないので、分離するまでの時間が全然違います。


あと、【NEWクビンス・JSG-121】の特徴として、ジュースが出来るまでの時間が速いということが挙げられます。

オレンジを使っての300ccの量だったら、たった約1分で出来るんです。

この時間だったら、朝の忙しい時間でも続けることが出来ますよね。

是非、この機会にトライしてみて下さい。

クビンスのサイレントジューサーで作ると、ホント美味しいですよ!!