コールドプレスジューサー|おすすめベスト3はコレですよ♪

コールドプレスジュースが作れる人気コールドプレスジューサー

最新のオススメ情報を、いち早くお伝えする「レコメンドスタイル」の横山です。

最近とっても美味しいということで人気が高まっていて、しかも栄養満点!

健康にとっても良い飲み物がコールドプレスジュースです。

数年前から話題のコールドプレスジュースですが、そもそもコールドプレスジュースってなに?……という方も多いでしょう。

コールドプレスジュースというのは、スクリュー型のジューサーで果物や野菜を押しつぶして作るジュースのことで、一般的なジュースとは違い、ビタミン類や酵素を壊さずに残っています。

この方法で作るジュースを飲むことで免疫や解毒作用を高め、ダイエット・アンチエイジング・疲労回復などに効果があるとされ、モデルさんたちの間でブームとなっています。

コールドプレスジュースを飲むには、専門店で購入して飲む方法と、自宅でコールドプレスジューサーというものを購入して飲む方法があります。

専門店で飲むと一杯1000円前後もするので、値段のことを考えると、おうちで作って、健康的に毎日飲み続けたいですね。


では、毎日続けるために自宅で作るとして、どんなコールドプレスジューサーがおすすめかというと、

①お手入れが簡単であること

②しっかりと搾り取ることができ繊維があまり出ない

③搾りかすがあまり出ない

④栄養素を壊さない低速であること

⑤音が静かで安全なこと

⑥一般的なジューサーより高価なのできちんとアフターフォロー(保証)がついているもの

といった点が挙げられます。


コールドプレスジューサーは、従来のジューサーのように「カッターの刃でおろす」ではなく「スクリューでしぼる」ことがメインになります。

ですので、栄養素をしっかりと凝縮させてゆっくりと搾りきることが出来、かすがあまり出ずに果物や野菜のほとんどを摂取できるのです。

忙しくて野菜が中々摂れない方や、代謝が落ちて太りやすくなっている方、疲労感が中々抜けない方の代謝アップや体質改善にぜひ取り入れたいものです。


最近では大手通販サイトや家電量販店でも購入することができますが、価格はだいたい4万円前後になります。

私のお勧めのは何かというと、クビンス2019年の最新モデル「EVO-800」という製品で、使い勝手がいいのが気に入ってます。

ここ数年はコールドプレスジュースが人気とあって、改良に改良が加えられ、従来は一分間に70~80回転で絞っていたのに対し、最近の機種では43回~48回/分で絞りますので栄養素を壊すことなく摂取することができます。

使用した方の感想は、今までのジュースと全く味が違うとか、作ったジュースが時間がたっても分離しないとかその違いが一目瞭然です。

今までスムージーや酵素ドリンクを飲んでも変化がなかった方は、ぜひ一度コールドプレスジュースにトライしてみてはいかがでしょうか。

今日は、そんなコールドプレスジュースを簡単に作ることができる『コールドプレスジューサー』… 私の“おすすめベスト3” をご紹介したいと思います。

★★★ おすすめ第1位 ★★★

【クビンス・EVO-800】

日本でコールドプレスジューサーが、一般の人に、より広く知られるきっかけになったのがクビンスです。

ジャパネットTVで紹介されたからですね。

コールドプレスジューサーは、普通のジューサーに比べて断然美味しく栄養価も高いので、それまでも一部には売れていました。

でも、一般の人たちにまでは知られてなかったんですね。

ジャパネットタカタは、クビンスのジャパネットオリジナルモデルを開発し、買いやすい値段で紹介しました。

そのお値段のお手軽感もあって爆発的に売れ、今では誰もが知るジューサーになりました。

クビンスもヒューロムと並んで、とても人気の高いスロージューサーです。

ヒューロムに比べてサイズが少し大きいですが、その分、そんなに小さくカットしなくてもOKです。

また、デザイン的にもプロっぽい雰囲気を持っているので、クビンスを選ぶ方も多いですよ。

そのクビンスの最新モデルが、コチラのEVO-800になります。

値段的には、ジャパネットのほうは旧型タイプのジャパネットオリジナルモデルとなっており、割安感があるのは事実です。

でもクビンスは、最新モデルが発売される毎に進化を見せていますよ。

色もシルバーが加わって、従来のレッド、ホワイトの3色から選べるようになりました。

ですので、クビンスにするんだったらEVO-800……私はコチラの新型タイプをお勧めします。

クビンスの良さは、投入口が大きいことにあります。


そのため、材料を切る手間が少しだけ省けるんですね。

コールドプレスジュースに絞って、少しでも時間を節約したい方は、クビンスがいいと思います。

それから今だと「Kuvings公式ボトル」のプレゼントキャンペーン中ですよ。

ただし、プレゼントは期間限定でなくなり次第終了です。

どうぞこの機会をお見逃しのないようにしてくださいね。


■幅:22.8cm

■奥行:20.8cm

■高さ:44.8cm

■価格:42,984円(税込)


キャンペーンサイト

【クビンス・EVO-800】コールドプレスジューサーのキャンペーンサイトはコチラ


※コチラのサイトは「Kuvings公式ボトル」のプレゼントキャンペーンを行っているクビンスの正規代理店『キレイShop』のオンラインショッピングサイトになります。

10年間の無償修理保証が付いてくるのは『キレイShop』だけです。

クビンスの場合はどこの通販サイトでも同じ価格帯なので、やっぱり安心して購入できるというのが何より一番ですね。

しかもジューサーが届いてすぐに搾れる野菜・果物セット付ですし、通常のレシピはもちろん、人気の野菜料理研究家、庄司いずみ先生が監修なさった搾りかす(パルプ)を活用した料理レシピも付いてきますよ。

★★★ おすすめ第2位 ★★★

【ヒューロム・アドバンスド100】

次にご紹介させていただくのがヒューロムです。

コールドプレスジューサーの中でもスタイリッシュなデザインが人気となっています。

そして最近、新機種『アドバンスド100は』が発売になりました。

新発想のコールドプレスジューサーで、洗浄や組み立てがはじめての人でもとっても簡単に扱えるようになってます。

新機種の『アドバンスド100は』は大人気を博した『ヒューロム・H2H』⇒『ヒューロム・H-AA』に続く後継者モデルで、よりコンパクトに、より低速に、より静かに、より使い易くなっています。

…もう、様々な改良が加えられましたよ。

そして、なんといってもコレ1台で、「コールドプレスジュース」「スムージー」「フローズンデザート」の3種類ができますので、お年をめした方、若い方、そしてお子様まで幅広く楽しむことができます。

そして、お手入れも、より簡単になりましたよ。

ジュースを搾ったあと、更に他の食材でジュースを作りたいとケースがあると思うのですが、その場合は、ドラムを回転させながら水を注ぎます。

その時、溢れ出ないよう水の量にご注意くださいね。

30秒~1分程度回転させ、あとは排水すればOKなんです。

いちいち流しに持って行って洗う必要がなくなりましたよ。

ヒューロムのコールドプレスジューサーは更なる進化を遂げています。


■幅:21.0cm

■奥行:29.2cm

■高さ:46.2cm

■カラー:ワインレッド

■価格:49,464円(税込) ※期間限定特典付き


キャンペーンサイト

初回限定の様々な特典もついてますので、是非キャンペーンサイトをチェックしてみてください。

【ヒューロムスロージューサー】コールドプレスジューサーのキャンペーンサイトはコチラ


※コチラのサイトは、日本で唯一の代理店をしている『ピカイチ野菜くん』のオンラインショッピングサイトになります。

アマゾンや楽天で並行モノを扱うサイトを見かけますが、コチラですと、万が一の故障の際も、無料保障があるので安心してご購入できます。

又、乾燥スタンドをはじめとした様々な期間限定特典も用意されてますので、お得感もありますのでおすすめです。♪

★★★ おすすめ第3位 ★★★

【パナソニック・MJ-L500】

パナソニックのコールドプレスジューサーは、買いやすい値段設定になっています。

ところが……

やはり、コールドプレスジューサーに関しては後発組。

価格.comの『パナソニックビタミンサーバーとの比較』のクチコミ掲示板で、こんな書き込みを見つけました。

ヒューロムで人参500gがだいたい250ccが搾れるのに対したら、パナソニック・MJ-L500は200cc搾れるかどうか……

そして、2歳4歳の子供がいるので、今回はフローズンフルーツが潰せるビタミンサーバーにしました。

が、ジュースを作る度に、ヒューロムにすればよかったなぁ。

……といった内容でした。

たしかに、20%の差はチョッと大きいかもしれませんね。

安く作ろうとして値段を意識しすぎてしまったのかもしれません?…が残念です。

■幅:18.5cm

■奥行:17.6cm

■高さ:43.2cm

■価格:21,660円 (税込)

【パナソニック・MJ-L500】コールドプレスジューサーの詳細・ご購入はコチラ



■LINK■